Town I Loved So Well, The
ザ・タウン・アイ・ラブド・ソー・ウェル

TITLE: The Town I Loved So Well (ザ・タウン・アイ・ラブド・ソー・ウェル)
AUTHOR: Phil Coulter (フィル・コールター)
PERFORMER: The Dubliners (ザ・ダブリナーズ)


このブログのタイトルとして拝借させてもらった曲です。ザ・タウン・アイ・ラブド・ソー・ウェル、「私が愛した町」とは、作者フィル・コールター(Phil Coulter: 1942-)にとってのデリー(Derry)です。

そのデリーに起こった悲劇を、敬愛して止まないルーク・ケリーが心の底から魂を込めて歌い上げます。その声には、心を動かす何かがあります。


Creggan: クレガン、デリー(後述)郊外の町
the Moor: ザ・ムーア、デリー市内のローン・ムーア通り(Lone Moor Road)ではないかと思われる
the Bog: ザ・ボグ、デリー市内のザ・ボグサイド(the Bogside)地域
Derry: アイルランド島北部の都市、現在は英国領北アイルランド


In my memory I will always see
The town that I have loved so well
Where our school played ball by the gasyard wall
And we laughed through the smoke and the smell

Going home in the rain, running up the dark lane
Past the jail and down behind the fountain
Those were happy days in so many many ways
In the town I loved so well

In the early morning the shirt factory horn
Called women from Creggan, the Moor and the Bog
While the men on the dole played a mother’s role
Fed the children and then walked the dog

And when times got tough there was just about enough
And they saw it through without complaining
But deep inside was a burning pride
In the town I loved so well

There was music there in the Derry air
Like a language that we all could understand
I remember the day that I earned my first pay
When I played in a small pick-up band

There I spent my youth and to tell you the truth
I was sad to leave it all behind me
For I’d learned about life and I’d found a wife
In the town I loved so well

But when I returned how my eyes have burned
To see how a town could be brought to its knees
By the armoured cars and the bombed-out bars
And the gas that hangs on to every breeze

Now an army’s installed by that old gasyard wall
And the damned barbed wire gets higher and higher
With their tanks and their guns, oh my God what have they done
To the town I loved so well

Now the music’s gone but they carry on
For their spirit’s been bruised, never broken
They will not forget but their hearts are set
On tomorrow and peace once again

For what’s done is done and what’s won is won
And what’s lost is lost and gone forever
I can only pray for a bright brand-new day
In the town I loved so well


記憶の中にいつもある
愛してやまぬあの町が
ボールを蹴った瓦斯工場
鼻をつく煙の中でも笑い声が響いてた

家路を急ぐ雨の中、暗い道を駆けて行く
途中の刑務所、噴水を抜けて
楽しかったあの頃はいろいろあった
愛してやまぬあの町で

朝早くシャツ工場のサイレンが鳴る
クレガン、ムーア、ボグから女性がやってくる
失業中の父親は母の役目を代わりにする
子供に食事を作っては犬を散歩に連れて行く

つらい時代だったが、なんとかうまくやっていた
文句も言わずに時の過ぎ行くままに
胸に募るは燃え上がる誇り
愛してやまぬあの町を

デリーの町には音楽があった
言葉のようにみんなが分かり合えた
頭をよぎるあの日のこと、生まれて初めて稼いだ日
小さながらくたバンドの演奏だった

青春を過ごした町の隠し切れないこの思い
悲しみにくれすべてを残して去った町
人生を学んだ、妻とめぐり合った
愛してやまぬあの町で

故郷に帰ってみたものの燃えたぎる視線の先には
どうしたことか、やられた町がひとつある
装甲車がいる、爆破でやられたバーがある
ガスにまみれた風が吹く

軍隊がいる、あの懐かしき瓦斯工場
鉄条網がどんどん高くなりやがる
戦車や銃でいったい何をしてくれたんだ
愛してやまぬあの町に

もう音楽は聞こえない、でもまだ消えない
魂は傷ついても、絶対になくならない
忘れることはない、望みはひとつ
平和な明日が再び来ますように

済んだことはしょうがない、負けたものはしょうがない
なくしたものはしょうがない、二度と元には戻らない
できるのはただ祈ること、新たな明るい日の到来が
愛してやまぬあの町に


◆ ザ・ダブリナーズ(ルーク・ケリー)

[T] | Coulter, Phil フィル・コウルター | Dubliners, The ザ・ダブリナーズ | Kelly, Luke ルーク・ケリー